おせちの献立を決めるコツ

一般的には、おせちの献立づくりは12月の中旬までに、ある程度終わらせておくのが理想的だと言われています。

おせちの献立を決める際に、参考にしたいのが本や雑誌、そして百貨店、スーパー、通販などから出ているおせちのパンフレットです。

すでに出来上がったおせちのパンフレットは、献立の参考になるだけではなく、おせちの詰め方や飾り方の参考にもなりますから、いくつか揃えておくといいでしょう。

また、おせちの献立を決める際に考慮したいのが、おせちを食べる人の年齢、来客の有無、そして必要であるならカロリーや塩分などといった健康面での配慮です。

食べる人の年齢によっておせちに使用する食材だけではなく、量も異なってきます。

例えば同じ5人家族でも、お年寄りや小さな子供のいる家庭と、食べ盛りの10代の子供がいる家庭では、同じ量という訳にはいきません。

また、お年寄りがいる家庭では、柔らかめで食べやすい食材を中心に、小さい子供がいる家庭では、純和風ではなく洋風のおせちを取り入れたりと工夫が必要となります。

正月三が日に来客があり、一緒におせちを食べる予定ならば、あらかじめ多めに作っておき、別のお重に詰めておくといいでしょう。

不意な来客などがあった際には、おせちを前菜をしてお皿に盛って出し、その後メインの料理を出すといいでしょう。

最後に健康面を考慮しておせちを用意する必要がある場合は、塩分を50%までカットできる減塩しょうゆを使用したり、甘いおせち料理には、カロリーゼロタイプの甘味料を使用してもいいでしょう。

勿論、手作りのおせちを用意する暇がない、たまには家庭の味とは違うおせちを味わいたい、という場合は参考にするだけではなく、実際におせちを注文してしまってもよいでしょう。

忙しくて店に行く暇もない、という方もネットで注文できるのでストレスなくおせちの準備が出来ると思いますよ。

通販サイトはコチラ⇒おせちの通販ならOisix(おいしっくす) | 2015年のおせち料理特集

おせちは人気ですから様々な商品が販売されています。

人数や種類がご家庭にあうものを選ぶようにしましょう。